鬼軍曹

今日の自分は新人の指導員?として後輩と一緒に現場へ行った。

後輩君は、これまでベテランの先輩と何度も現場へ行っていたし

「俺が教える事はないだろ。後ろで寝てればいいか」

と気楽に考えていた。

実際、作業が始まってみると

「おっせええええええええ!!」

と心の中で何度も絶叫した。

でも、俺も最初はこんなもんだったし

「焦らせても良い事などない。ここは後ろで見守っていよう」と

何も言わず黙っていたのだが、

やっぱり、おせえ・・・。

職人さん、遅すぎてキレないかなと俺はドキドキ。

あまりの遅さに、思わず助言をしてしまったぜ

それから少し早くなったが、それでも遅い。

道路使用許可の時間内までに作業が終わるのかと

内心、ハラハラしてた。


自分で、操作して仕事するより、

後ろで何もせず、見てるほうが疲れたよ・・・。

職人さん達に短気な人がいなくて良かったよ。

ほんと、良い人達で良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード