スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き留められた

上に退職したい旨を伝えると

慰留をされました。

つい「一晩考えさせて下さい」と言ってしまったが、

家に帰宅後、「どーしよう」と

「転職 慰留」でググると このサイト(←クリック)のをそのままコピペさせて貰いますが、





いざ新しい職場での採用が決まり現職の上司に退職の意志を伝えると、ほとんどの場合は「考え直してくれないか」、「キミには期待しているんだ」などと、慰留の言葉を受けるはずです。しかしそこで転職の決断をひるがえすのは絶対にNG。仮に現職にとどまったとしたら、あなたへの評価は今後下がる一方でしかありません。現職の職場からは「いつかまた裏切るひと」と疑心暗鬼の目で見られ、転職市場においても「決断力のない信用に足りぬひと」と警戒されてしまうのです。
慰留する側の都合を考えれば、短期的にでも仕事に穴が空いたり、代わりの人材を募集したりするのも、対応にコストのかかる面倒な作業。直属の上司にとっては、人材の流出が続けば、進退にかかわる問題ともなります。だから、必ずしもあなた自身への正統な評価として、慰留をしている訳ではありません。そもそもあなたはなぜ転職をしようと考えたのでしょうか。決断に至る経緯や葛藤を思い起こせば、現職への復帰には大きな困難がともなうことは容易に想像できるはず。厳しい言い方ではありますが、情に負けて進退を決めては、後悔しか残りません。

 




↑が正論過ぎて「あー、そんな理由で引き留められたのか・・・。」と納得してしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。