スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜデモ?


人間らしく暮らすには最低賃金1500円 やっぱり必要

働き方に関係なく、すべての人にかかわる最低賃金(最賃)は現在、全国平均で時給823円。政府は働き方改革実行計画で、年3%程度の引き上げを続け、全国平均を時給1000円にすることを目指す。一方で「1000円では不十分。人間らしい生活のためには時給1500円が必要」と訴える人たちが現れ、支持も広がっている。

最賃千五百円を訴えるのは首都圏の学生や若い労働者らでつくるグループ「エキタス」。四月の新宿でのデモに約千五百人が集まった。初めてデモをした二〇一五年から人数は倍に。支持は着実に広がっている。

零細のアパレル企業で働く三十代後半の女性は都内で一人暮らし。給与は額面二十二万円だが、平日は連日残業で土曜日出勤も。このため時給に換算すると約九百五十円。都の最賃(九百三十二円)をわずかに上回る程度だ。1K(約十五平方メートル)の家賃は六万円でテレビもない。残業で自炊する時間が削られ外食を強いられる。女性は「だから貯金もできない。将来が心配で、好きな人と一緒になろうと言えない」と嘆く。

東京新聞(http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201705/CK2017052202000157.html)から引用



俺にはデモを行う思考が理解ができない。

時給1500円以上が欲しいのならば、時給1500円以上の仕事へ転職すれば良いだけだ。

試しに、東京都内の時給1500円以上の求人を、アルバイト求人サイトで検索すると3000件以上HITした。

時給1500円が貰えないわけじゃない。現に1500円以上の仕事はある。

結局、この人たちは

「時給1500円以上は欲しい! でも、大変な仕事はしたくない! 楽な仕事がしたい!」ということなのだろう

そりゃあ、常識で考えて、その程度の仕事しかしない人に会社は1500円なんてあげないって。

顔の皮が厚いというか、非常識な奴が千五百人も集まったんだってーからすごいよな。
スポンサーサイト

母の日

母親に初めて、花を贈った。

賞与

冬のボーナスが支給されました(((o(*゚▽゚*)o)))



ボーナスじゃないけど、同僚に「給料がもうちょっと欲しいな」と話したら

「もう十分でしょ?! まだ稼ぐの?」と言われちゃった(;´・ω・)

でも、仕方がないじゃないか!

趣味はないし、それなら仕事で時間を潰そうかなと・・・。

今年は5回ほど国外へ行きました(`・ω・´)シャキーン

Don't Think. Feel!

最近は、先生役として新人さんと一緒に現場へ出ています。



  山本五十六

「やってみせ 言って聞かせて 
 させてみて 
 ほめてやらねば 人は動かじ」



「一点だけじゃなくて、全体を見るんだ。旋回する前に、進行方向に障害物や人がいないか、
確認してから動いて! モニタも見て! 介錯ロープは人の頭より上か
もしくは、建物より上! 無駄に高く上げる必要はない! 無駄に巻き上げ下げすると時間が無駄になるよ!
それと、巻き代(まきしろ)は長いほうが揺れにくいし、揺れ止めもしやすいよ! 
あと荷が揺れても介錯ロープを垂らしておくと職人さんが引っ張ってフォローしてくれる!
ぎゃあああぁぁ! 仮囲いから外に出ちゃ駄目だぁああああ!
合図者を通り越してどこまで行くつもりだあぁぁぁ! 電線にぶつかるってぇっ?!」

という感じです(苦笑)

何がまずいかオブラートに包むとまで言わないが、やんわりと指摘し説明しました。

いやはや。自分もちょっと前まで「あんな感じ」だったなと感慨深いです(笑)

今年も残りわずか

12月に入りました。

年末までもう少し。

このまま年度末まで忙しいのが続いて欲しい!

なぜって、それは寒くて外出しないし、仕事くらいしかすることがない(´・ω・`)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。